facebook公式ページへ
イクメン入門~これだけは知っておきたい赤ちゃんのいる生活

ライフプランを書き出してみよう

我が子の成長が楽しみな反面、これからの出費に不安を覚えているパパも少なくないことだろう。漠然と悩んでいても、不安は解消できない。そんな時は、ライフプランを実際に書き出してみよう。ライフプランは、ひるがえせばマネープラン。いつまでにいくら用意すればよいのかが、おのずと見えてくるはずだ。父親として、男としての生き方を見なおす、良い機会ともなるに違いない。

子どもが6歳までの費用は、月4~5万円

ある調査によれば、出産から6歳までにかかった費用の合計は、1世帯あたり平均約450万円だったそうだ。ライフスタイルによってもかなりの幅があると予想されるが、ザックリみて月に約4~5万円といったところだ。その他、万が一の緊急時に備えて、ある程度のまとまった現金も生活費とは別に用意しておきたい。

育児に関する主な費用

出産にかかる費用

定期検診代、入院費、入院中のための雑費、交通費、マタニティウエア&関連費、内祝代

教育にかかる費用

幼稚園・保育所費、病児保育・一時保育費、習い事、図書費

旅行や行事にかかる費用

交通費、宿泊費、入場料、お祝い金、お返し代

健康管理や医療にかかる費用

食費、保健・医療費、病院などへの交通費

子どもの生活にかかる費用

洋服代、おもちゃ、子ども用家具、文具、衣類・子ども用品費

住宅取得や2人目3人目…必ずママと相談しながら

ライフプランでは、住宅取得の時期も重要なポイントとなる。あわせて、2人目3人目のタイミングもしっかりと考えたい。いずれも大切なのは、パパが独断で決めてしまわないこと。家族の問題として、ママとじっくり相談しながら物事を進めて行こう。

公的な経済支援を上手に活用しよう

出産・育児については、国や自治体がさまざまな経済支援を用意している。自分の住んでいる地域にはどのような支援があるか、しっかり調べて、上手に利用しよう。

主な経済支援

妊婦健診

公費負担により受診することができる。回数や内容は、市町村によって異なる。

出産育児一時金

健康保険から子ども一人につき原則42万円(または39万円)が支給される。加入している健康保険組合や自治体によって付加給付がある場合もある。

育児休業給付金

雇用保険の被保険者が育児休業をした場合、支給される。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)の保険料免除

事業主が年金事務所又は健康保険組合に申出をすることによって、育児休業等の間の社会保険料が、被保険者本人負担分及び事業主負担分ともに免除される。

乳幼児等医療費助成

医療保険制度における自己負担費用の一部を各自治体が助成。自治体によって所得制度や年齢の上限等が異なる。