facebook公式ページへ
先輩イクメン、ママの日々
きのこ母 2013.11.25

新幹線で里帰り。グリーン車vs指定席どっち?

今年もあとひと月。年末の帰省段取りは、バッチリですか?わが家は新幹線ユーザーで、座席のオンライン予約は夫が担当してくれます。今回は、新幹線の座席選びのポイントをご紹介します。

◎はじめに

初めての新幹線移動はもちろん、慣れるまではできるだけパパも同伴してください。
わが家が初めて新幹線で移動(約2時間半)した時、娘は生後2ヶ月前。 泣いたらどうしよう? おっぱいは? オシッコやウンチは? 人ごみで病気をもらわないか……。
案の定、車中はヒヤヒヤ&パニックの連続でした。
こんな時にパパが一緒にいてくれれば、どれだけ救われるか。「いても何にもできないし」? いやいや! 最悪、パパもアタフタして「何の役にも立てなかった」としても、ママ1人の不安&緊張に比べたら天と地の差。 初回は(←ココ重要)、いてくれるだけでもいいのです。運賃×2人分の負担はキツいですが、うちは帰省3回目にして母子2人で移動できるようになりました。

〈パパにお願いしたいこと〉
1. 荷物運び、ベビーカーの折りたたみ
2. ママのトイレ&食事、抱っこの交代要員
3. 隣席に他の乗客が来てアタフタ〜を防止
4. 授乳サポート(授乳クッションの用意、さりげない目隠しetc)
5. ママと赤ちゃんの不安を共有(ずっと居眠り、スマホ、ゲームはNG!)

さて、本題です。

◎グリーン車vs指定席どっちがいい?

〈結論1〉 初回はグリーン車が正解!

人が少ないので、赤ちゃんが泣いた時や授乳も周りの目が気になりにくいです。オムツ替えができるトイレに近い車両なら、なお安心。でも、グリーン車には落とし穴も……意外と赤ちゃん連れには不便なこともいっぱいあるのです。

・フットレストがジャマ。
(足下に荷物が置けない。フラットに広げたベビーカーも入りません。荷物がゆったり置けそうなイメージですが、要注意!)

・肘掛けががジャマ。
(授乳に不慣れなうちは授乳クッション持参。グリーン車の肘掛けは可動式ではないのでクッションが入らないし、赤ちゃんの頭や足が肘掛けにつっかえて授乳がうまくできない!)

・「多目的室」が遠い。
(授乳は個室の「多目的室」でするのが望ましいですが、グリーン車からは遠いことが多く、利用の際は車掌さんに連絡&開鍵が必要なのでいちいち行ってられない!)

〈結論2〉 慣れたら、空いている車両の指定席がベター!

比較的空いている車両で、最後部列2席並び席(前後や隣の座席に人が少ない)がベスト。 座席後ろに荷物置きスペースがあり、標準的なサイズのベビーカーならたたまずにスムーズイン(混んでいる時はたたみましょう)!グリーン車もこのスペースはありますが、ベビーカーはたたまなければ入らず、微妙に使いづらいのです。

◎「多目的室」ってどんなところ?

パパは入りにくいかもしれませんが、ぜひ一度体験してみては?
2畳くらいのスペースで、2人用座席(間に肘掛けのないタイプ)がベッドに早変わり! ママの授乳はもちろんですが、ギャン泣きする赤ちゃんのクールダウンにもおすすめ。ベッドでしばらくトントンして寝かしたり、ハイハイさせてストレス解消! 小窓があって景色も見られる&ほどよく明るいので、怖がりのうちの娘もOKでした。思ったより居心地がいいので、独占しすぎにはご注意を。
※ 一部車両には「多目的室」がありません。詳しくはJR各社のwebをチェックしてください。

狙い目の座席はうまるのも早いので、急いで手配を!
昼すぎ〜15時くらいは比較的空いているようです。当日はマスク着用など風邪予防もぬかりなく、楽しいお正月を迎えてくださいね。

ペンネーム「きのこ母」
フリーコピーライター歴11年。
H24年3月実家のトイレで産気づき、長女を高齢ヒヤヒヤ出産。福岡にて必死のパッチで育児&仕事中。

もどる