facebook公式ページへ
先輩イクメン、ママの日々
きのこ母 2014.03.03

うれし恥ずかし、“父ちらし寿司”デビュー♪

3月3日は桃の節句、雛まつり。お雛様や桃の花を飾って、ちらし寿司やはまぐり汁、雛あられでお祝い……女性ならパッとイメージできる光景です。どっこい、父にとっては意外と謎だらけの「ガーリー行事」。夫も男兄弟だけの家庭に育ったせいか、雛まつりの意味もお雛様の飾り方も、なんでちらし寿司を食べるのかも、「全くわからん。乙女の世界すぎて正直引く……」というのがホンネ。ところが娘が生まれてからは、「ちゃんと説明して、お父さんすごいね〜って言われたい」と、心境の変化が。

雛まつりは、親子で日本の伝統文化に親しむ絶好のチャンス!

私もおぼろげだった雛まつりや行事食の由来や意味を、一緒におさらいしてみました。雛まつりは、今では女の子の成長と幸福を祈る行事ですが、もともとは女の子のための行事ではありませんでした。古代中国では上巳(じょうし)節と言って、季節の変わり目は邪気が災いを呼び込みやすいことから、水辺で穢れ(けがれ)を祓う禊(みそぎ)の習慣があったそうです。それが遣唐使によって日本に伝わり、天皇の穢れを祓う神事となったのち、平安貴族たちの間で人形(ひとがた)に穢れをうつして海や川へ流す宮中行事として定着しました。やがて江戸時代に、人形づくりの技術とともに「飾り雛」の文化が発展し、女の子の幸せを願って雛壇にお雛様を飾るようになったそうです。

と、雛まつりの由来だけでもお腹いっぱい。でも、子どもと一番話しやすいのは、やっぱり食べもののことですよね! まず、なぜちらし寿司を食べるのでしょう。その理由は“具”にあり。
えび=腰が曲がるまで長生きできますように!
蓮根=穴があいているので見通しよく!
豆=まめまめしく健康に!
特にこの3つは、わが子への願いが込められた縁起のよい具材なのです。
そして、「なんではまぐり汁?」という疑問も解決。対の貝同士でなければピッタリと合わない二枚貝のはまぐりは、夫婦和合の象徴。生涯寄り添い合える相手と出会って仲睦まじく暮らせますように、という親の思いが込められているのです。さらに白酒は、「百歳(ももとせ)生きられるように」と桃の花を浮かべたお酒を飲む風習が変じたもの。菱餅の色も、「赤(魔除け)」「白(長寿)」「緑(健康)」と、それぞれ意味があるのです。

雛まつりのウンチクを知るや、夫は「初めてやけど、今年は俺がちらし寿司つくるわ!」と腕まくり。「ちょいとスシ太郎〜♪」と某演歌歌手のCMソング(古い!)を歌いながら、張り切りました。ふだんはあまり料理をしない夫ですが、自己流盛りつけで娘に大ウケの仕上がりに!

【手抜きでもサマになる「父ちらし」のコツ】

1.寿司飯の素を使う
2.炊飯器の中で1を混ぜてしまう(飯切りを使うとツヤよく仕上がりますが、わが家にはないので)
3.錦糸卵は手間なので、薄焼き卵やスクランブル卵でOK!
4.盛りつけで勝負!

今回は題して、「桃咲きちらし」。

桃の花をイメージして酢飯を盛り、えびや豆を飾る。
 (写真はやや桜っぽいですが…花びらを丸くすれば◎)

 フライパンで薄焼き卵を焼き、フライ返しで5カ所切り込み(中心から放射線状に)を入れる。


 酢飯の上に薄焼き卵をドン!箸で切り込みを花びらのようにめくる。



 のりや蓮根を飾って完成!

父の初ちらし寿司を、2歳の娘も「ぐごい(すごい)〜!」と喜んで、モリモリ食べました。夫も「初めてやったけど、喜んでくれたし、雛まつりが身近になったなあ。毎年やろかな!」と少々照れながらも、うれしそうでした。父ならではのアイデアで、お祝いが盛り上がりましたよ!食べた後、はまぐりの貝をカスタネットにして遊びました。

昨今の住宅事情では、お雛さまを飾るのもなかなか難しいもの。例えば子どもと一緒に描いた絵を飾るのもひとつ。古式ゆかしく盛大にお祝いするのも素晴らしいことですが、「知恵をしぼって、簡単に楽しむ」雛まつりも、大切な親子の思い出になるとわが家では思っています。

ペンネーム「きのこ母」
フリーコピーライター歴11年。
H24年3月実家のトイレで産気づき、長女を高齢ヒヤヒヤ出産。福岡にて必死のパッチで育児&仕事中。

もどる