facebook公式ページへ
先輩イクメン、ママの日々
パパ
ミズクラゲさん 2014.05.05
  • LINEで送る

“ワケがわからない”は、考える第一歩

気をつけたい、おもしろ話の鉄則  冗談を言った後に、「なぜ、おもしろいのか」を説明するほど間の抜けたことってありませんよね。席をはずしていた人に「もう1回言って」と頼まれ、しぶしぶリクエストにこたえたところ、「そんな大笑いすることでもない」と言われ、納得のいかない思いをしたことは誰でもあるはず。笑いは、おもしろいことを説明するのではなく、説明しない余白の部分を想像するからおもしろいんじゃないでし…
ミズクラゲさん 2014.04.28
  • LINEで送る

小さな黒板がつくる“つながり”

偶然に見つけた黒板にビビッ!  先日、家族で街へショッピングに出かけました。 子どもも久々のショッピングということで朝からはりきっていて、お手伝いで貯めた1000円を貯金箱から取り出し、デパートのおもちゃ売場に連れて行ってほしいと何度もアピール。 特に欲しいものは決まっていないようで、買い物自体を楽しみにしている様子。ウキウキしながら着ていく服や髪型をママにリクエストしている姿を見ると、すっ…
ミズクラゲさん 2014.04.21
  • LINEで送る

まさか、自分が残念パパに!!

運動会シーズンの風物詩、パパのズッコケシーン 春・秋になると、テレビのニュース番組で取り上げられる幼稚園や小学校の運動会。ニュース映像では、子どもたちが一生懸命に走る姿や、友だちと楽しそうに応援する姿が紹介された後、保護者が参加する種目で中年に差しかかったパパたちがズッコケる“おもしろ映像”を紹介するのが、お決まりのパターンになっています。 スピードに脚の回転がついて…
青柳ウサギ 2014.04.07
  • LINEで送る

泣いてる赤ちゃんをなんとかしたい!泣き止ませのコツ。

第2子出産から1ヶ月が経ちました。約6年ぶりの新生児との生活で改めて思ったのは「赤ちゃんってこんなに泣くものなのか」ということ。赤ちゃんは泣くのが仕事、とはいうものの、授乳してもオムツを替えても抱っこしても泣き止まない、となるとやはり困ってしまいますよね。ましてや“口封じ”のオッパイを持っていないパパならなおさらのこと。先日、夫に生後1ヶ月の赤子と5歳男児のお世話を頼ん…
ミズクラゲさん 2014.03.31
  • LINEで送る

パパだってショッピングモールを楽しみたい!

街に出かけると、みんなグッタリ… 個人的な「子どもを持って気づいたことトップ10」の9位にランキングされているのが、小さな子どもを連れていけるお店が少ないこと。何気なく入った飲食店が想像していたよりも洒落た雰囲気で、子どもに「シーッ! もっと小さい声で喋りなさい」と、注意しないといけないことも。また、街に出かけると歩く距離が長くなるため子どもがぐずったり、クルマや自転車に注意し…
青柳ウサギ 2014.03.17
  • LINEで送る

立会い出産で妻が夫に望むこと

4日前、おかげさまで無事に第2子となる女児を出産いたしました。 出産報告でよく使う「無事に」というワード。2回目の出産ではありますが、今回はその言葉の意味を改めて確認した出産となりました。私は高齢出産ゆえのトラブル(具体的に言うと出血多量・・・)で大変な目にあったのですが、年齢など関係なく、そして、いかに医療が進歩したとはいえ、やはり出産は女性にとっては「命がけの仕事」です。その痛みたるや・…
きのこ母 2014.01.23
  • LINEで送る

はじめよう!お気楽「育児ひとこと日記」

毎日仕事から帰るたび、「また成長した!」と感動するわが子の姿。昨日より話す言葉が増えたり、見たことのない遊びや身ぶりが始まったり。パパは子どもと接する時間に間が空きやすいぶん、ママとはちがう目線で気づくことがあるものです。ただ、せっかくの気づきや感動も2,3日たつと、「この前もスゴいと思ったことあったけど、なんだっけ……」状態。もったいない〜! そこで、夫がはじめたの…
ミズクラゲさん 2013.12.16
  • LINEで送る

必ずやって来るサンタクロース問題

カップルのイベントからファミリーイベントになったクリスマス 小さな子どもがいる家庭において、子どもだけでなく、親にとっても一大イベントであるクリスマス。一昔前はカップルのイベントでしたが、今ではファミリーイベントというイメージの方が強くなったような気がします。近頃では12月になると各家庭で思い思いのイルミネーションを楽しんだりして盛り上がっていますよね。中には、「それ、クリスマスと関係ないん…
青柳ウサギ 2013.12.09
  • LINEで送る

もっと自由に!もっと楽しく!お父さんならではの読み聞かせのコツ

うちの夫、手前味噌ではありますが、なかなかのイクメン。長男が生まれた当初から、オムツ替え、沐浴、なんでもこなし、生後2ヶ月には丸一日私が取材に出かけていなくても、まったく心配ない状態でした。 ところが、そんな夫にもひとつ、あまり得意でなさそうな育児がありました。それは、絵本の読み聞かせ。 日頃から口数が少なく、どちらかというとボソボソしゃべるタイプの夫。寝かしつけに絵本を読んでくれることが…
ミズクラゲさん 2013.12.02
  • LINEで送る

料理でつくる親子関係

子どもとの2人きりの時間が大きなチャンス 僕には、密かに楽しみにしている時間があります。それは休日にママがお出かけする時。なぜなら、子どもと2人きりで遊べるから。 我が家は家族3人で過ごすことが基本なので、子どもと2人きりになるのは結構貴重なひと時なんです。だから、どうしても張り切ってしまう。どこに遊びに行って、どこでご飯を食べるか? 普段はそんなこと面倒くさくて調べないけれど、この時ばか…
もどる