facebook公式ページへ
先輩イクメン、ママの日々
先輩イクメン、ママの日々
ミズクラゲさん 2013.12.16
  • LINEで送る

必ずやって来るサンタクロース問題

カップルのイベントからファミリーイベントになったクリスマス 小さな子どもがいる家庭において、子どもだけでなく、親にとっても一大イベントであるクリスマス。一昔前はカップルのイベントでしたが、今ではファミリーイベントというイメージの方が強くなったような気がします。近頃では12月になると各家庭で思い思いのイルミネーションを楽しんだりして盛り上がっていますよね。中には、「それ、クリスマスと関係ないん…
青柳ウサギ 2013.12.09
  • LINEで送る

もっと自由に!もっと楽しく!お父さんならではの読み聞かせのコツ

うちの夫、手前味噌ではありますが、なかなかのイクメン。長男が生まれた当初から、オムツ替え、沐浴、なんでもこなし、生後2ヶ月には丸一日私が取材に出かけていなくても、まったく心配ない状態でした。 ところが、そんな夫にもひとつ、あまり得意でなさそうな育児がありました。それは、絵本の読み聞かせ。 日頃から口数が少なく、どちらかというとボソボソしゃべるタイプの夫。寝かしつけに絵本を読んでくれることが…
ミズクラゲさん 2013.12.02
  • LINEで送る

料理でつくる親子関係

子どもとの2人きりの時間が大きなチャンス 僕には、密かに楽しみにしている時間があります。それは休日にママがお出かけする時。なぜなら、子どもと2人きりで遊べるから。 我が家は家族3人で過ごすことが基本なので、子どもと2人きりになるのは結構貴重なひと時なんです。だから、どうしても張り切ってしまう。どこに遊びに行って、どこでご飯を食べるか? 普段はそんなこと面倒くさくて調べないけれど、この時ばか…
きのこ母 2013.11.25
  • LINEで送る

新幹線で里帰り。グリーン車vs指定席どっち?

今年もあとひと月。年末の帰省段取りは、バッチリですか?わが家は新幹線ユーザーで、座席のオンライン予約は夫が担当してくれます。今回は、新幹線の座席選びのポイントをご紹介します。 ◎はじめに 初めての新幹線移動はもちろん、慣れるまではできるだけパパも同伴してください。わが家が初めて新幹線で移動(約2時間半)した時、娘は生後2ヶ月前。 泣いたらどうしよう? おっぱいは? オシッコやウンチは? 人…
青柳ウサギ 2013.11.18
  • LINEで送る

乾燥する季節にこそ実践したいベビー&キッズのスキンケア

柔らかくキメ細かくてツルツルとした赤ちゃんのお肌。うるおいもたっぷり、と思いがちですが、実は、表面は大人よりもずっと乾燥していることをご存知ですか?お肌の一番外側の角質層は、皮脂と汗などの水分でできた「皮脂膜」でおおわれ、水分の蒸発と外からの刺激を防いでくれています。 皮脂というのは男性ホルモンの働きにより分泌されますが、生後2ヶ月頃から10歳くらいまでは、男性ホルモンの量が少なく、皮脂量も…
ミズクラゲさん 2013.11.11
  • LINEで送る

刑事ドラマに学ぶ、子どもの叱り方

心に響く「カツ丼力」 刑事ドラマの取り調べシーンで、若手刑事が容疑者を問いつめているところにベテラン刑事が割って入り、「腹、減っているだろう」とカツ丼を出前注文し、食べ終わったところで故郷の母親の話をして、自供させるという定番シーンがあります。 これは、2人の刑事が役割分担することで尋問の効果を高めるチームプレーの好例。一方が敵対ムードで緊張感をつくり、もう一方が容疑者に寄り添うようにして…
きのこ母 2013.11.04
  • LINEで送る

沐浴は習うより慣れ!

赤ちゃんのお世話でパパに手伝って欲しいことNO.1は、「沐浴」。夕方から夜にかけて疲れがピークに達したときの沐浴は、ママにとってとどめの一撃です。毎日はムリでも、週に1回でも替わってもらえたら、どんなに楽か。 夫の場合、両親学級&病院で沐浴指導を受け、手順をビデオにおさめて予習ばっちり! のはずでした。ところがいざトライすると、赤ちゃんの首はグラグラ、耳には水、背中ってどう引っくりかえすっけ…
青柳ウサギ 2013.10.28
  • LINEで送る

言葉が出る前の赤ちゃんと会話ができる魔法の「サイン」って?

オムツを替えても、ミルクを飲ませても、高い高いをしても、何をしても泣き止まない。 赤ちゃんとの暮らしも半年もすぎると、表情や仕草でなんとなくは我が子の訴えが分かるようになったとはいえ、時々訪れる「困ったちゃんタイム」。 「どうして欲しいのか言ってくれたら楽なのに・・・」。 親になれば誰もが一度は思うことですよね。 かくいう私もそんな風に考えたひとり。そこで「ファーストサイン」なるものを…
きのこ母 2013.10.07
  • LINEで送る

パパもおっぱい育児の同志  夜明けの「愛情むすび」に涙

そろそろ、新米がおいしい季節。ごはんといえば思い出す、夫のエピソードがあります。あれは、娘が生後1ヶ月の頃。何が大変だったか思い出せないほど、毎日が「初めての○○」だらけで私も夫も必死でした。中でも、「初めての母乳育児」は分からないことばかり。私の場合は高齢出産、出産時の出血が多い、大学病院の指導で出産当日からミルクを足した、体質的な問題……「出にくい条件」揃いぶみ…
青柳ウサギ 2013.09.30
  • LINEで送る

愛情ホルモンをうまく利用して幸せ家族計画!

 産前産後のママたちは、とっても気持ちが不安定。急に悲しくなったり、不安になったり。仕事から帰ってくるなり、八つ当たりされた、なんて「理不尽」な経験をされたパパもいらっしゃることと思います。 しかしパパさんたち。そんなママたちの態度を「理不尽」だなんて思っているようでは、まだまだイクメンレベル1、いやそれ以下です。 産前産後のママの心と体は急変化。しかしこのような変化のほとんどが、いわゆる…
もどる